11月例会「青森インバウンドの未来」

ホテルクラウンパレス青森にて、観光国際・青森ブランド委員会による
「函館朝市での取り組みから考える、青森インバウンドの未来」をテーマに例会を開催いたしました。

今回の例会は増加するインバウンド観光客の受け入れや、経済発展のためのアイディアについて
インバウンド観光客受け入れ先進地である函館市の朝市の松田事務局長にお越しいただき、
民間事業者と市民とが一体となって行う画期的な取り組み『タビヤク-TABIYAKU』についてご講演いただきました。

青森YEGでは今年5月にGlobal community centre ORAHOと題して、クルーズ船の乗船客へ日本と青森の文化などを体験してもらう事業を開催しましたが、
今後のさらなるインバウンド関連の活動について、考える機会となりました。

懇親会では『青森YEGガイドプランコンテスト』を行いました。
各委員会ごとに、おもてなしアイディアを発表し
講師の松田さまにも審査員としてご参加いただきました。

青森YEGは、インバウンドから青森の発展に繋がるよう今後も努力して参ります!