ごあいさつ
greet

Think Borderless

令和3-4年度会長 丸山 圭多
青森商工会議所青年部
会長 丸山 桂多
(まるやま けいた)

2020年は、新型コロナウイルスの蔓延により、外出自粛や観光客激減、東京オリンピックを始めとする様々なイベントの中止、また、それに伴う様々な商工業の衰退、これまで当たり前と思われ ていたものの殆どが当たり前ではなくなり、社会全体、及び個人のライフスタイルも激変するほどの事態に、企業も市民も混乱と低迷を余儀なくされました。 近年の歴史上、誰もが経験したことがない未曾有の事態に、暗い影を落とす1年でありました。 そして当会自体の運営もまた同様であり、会議や事業の実施の在り方も見直さなければなりませんでした。

我々青年部は、その発足後から今に至るまで、代々、地域発展の支えとなるべく活動をしてきましたが、そんな1年であったからこそ改めて新たな視点や手法を模索し、どのような時代であっても経済人の模範となり、そしてまた市の活性化に寄与するべく、青森の次世代を担って活動を続けていく必要があります。 そして我々経済人には、先の世代からこのまちを受け継ぎ、そして次の世代により良い形でお返しする義務があります。

そのためには、これまでの会の理念は尊重しつつも、目まぐるしく変わりゆく時代の潮流に寄り添った、既成概念に捉われない柔軟な発想と、常に全容を俯瞰できる視点を併せ持ち、より瞬発的な行動力を携えるとともに、これまで以上に会員が一致団結して行動していく必要があります。当市が抱える課題はまだまだ沢山で、まさに今直面するコロナ禍でも負けないまちづくりに取り組むのはもちろんの事、これまで問題視されてきた人口減や、労働人口の転出増、子供の貧困問題、そして会員企業を始めとする中小企業の活力づくりも取り組んでいかなければなりません。

ただ一方で、このまちには発信するべき魅力が沢山あり、緑豊かな住みよい風土、都心にはご馳走となりえる海と山の恵みの数々、青森ねぶた祭や三内丸山遺跡など他都市に誇れる文化性も十分に有しております。これらを糧に、我々青年部は、誰もが愛してやまないこの郷土の未来のために、より柔軟な創造力と団結力で前述の諸問題に取り組み、改善策を再構築し創り上げ、この郷土を沢山の市民が誇れるまちへと進化させ、何より本当に市民に必要とされる団体を目指し邁進していきます。

[基本理念]

これまでの行動様式や、慣例、世俗や団体の在り方を見直し、柔軟かつボーダレスに研鑽を高め、行動し、会の価値の向上を以って、本当に市民に必要とされる団体づくりを目指す。

[基本姿勢]

〜3つのless〜

  1. Limitless 自らで限界を設けず、目的意識を持って、自らが動く意識づくり。
  2. Biasless 偏見を持たず、会員と共に切磋琢磨し、チームワークをもって青森市の発展に。
  3. Wallless 会内のみならず、産、学、官、民からなる諸団体と連携し、公に誇れる活動を目指す。

[事業計画]

  • 感染症拡大などの事態においても開催できる「青森安潟みなとまつり」の流れを汲んだ青森駅周辺と中心商店街活性化に寄与する新規イベント事業の実施
  • 感染症拡大などの事態においても開催できる「ジュニアエコノミーカレッジ」の検討、あるいはそれに代わる青少年育成事業の検討と実施
  • 感染症拡大などの事態において、市民の生活向上や商工業の衰退を防ぐための補助事業の検討と実施
  • 市民・観光客向けのイベントやWS、商店の開店情報やキャンペーン情報を検索できる情報サービスの開発及び、運営についての検討
  • 縄文遺跡群の世界遺産登録を受け、更なる情報発信や宣伝活動の実施
  • 青森市と連携し、関係性の向上を目的とする意見交換の場作りの実施(風会議等)
  • 会員のビジネス活性化を図るための研修会等の実施
  • まちおこし事業(お供えリンゴ等)の検討と実施
  • HP、SNS等を活用した対外広報活動、会員周知活動の実施
  • 会員の例会・委員会・理事会の参加率向上ならびに会員拡大を図る事業の実施
  • 県内外の他単会ならびにOB会・女性会などとの交流事業の実施
  • 日本YEG・東北ブロックYEG・青森県連YEG・Aライン協議会開催事業への積極参加
  • 市内他団体(青年会議所、浪岡商工会青年部、法人会青年部、等)との交流活性化の検討と実施
  • 洋上風力事業の拠点港誘致に係る運動の実施
  • 地域を発展させるための行政に対する提言活動の実施
  • 会員一人ひとりが役職や時期を問わず、地域や会自体を改善するためのアイデアや意見を発信できる仕組みづくり