ごあいさつ

YEG One Team ~ メンバー全員が連携して次世代へつなげ ~


青森商工会議所青年部 会長 佐藤輝美(さとう てるみ)

2017年1月30日現在、青森商工会議所青年部〔以下青森YEG〕には165名の会員が在籍しています。目を日本に向ければ 日本商工会議所の青年部は総会員数32,000人以上という巨大な組織です。 青森YEG 会員はこの組織をうまく活用して、自企業の発展と家族の生活の為、それぞれ創意工夫していると思いますがなかなか結果に繋がらない 事例も見受けられます。

平成29-30年のスローガン 「YEG One Team ~ メンバー全員が連携して次世代へつなげ ~」 は「全員野球」という言葉があるように各々の会員が担った役割を果たしていく中で青森の未来に対し責任を果たすことが出来る、との思いが込められています。 1人2人で考えを出すより10人の方がより広い視野で深く掘りこんで考えられますし 10人より165人で考え行動した方が、大きな成果となる事は必然です。

 

商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の相互研鑚の場として、また、青年経済人として資質の向上と会員相互の交流を通じて、企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的としています。 将来の展望や生計を支えていくうえでも自企業の発展は不可欠です。 各々の企業が発展することで地域経済社会の発展に貢献できます。さらに将来を担う青少年に私たちなりの方法で積極的に関わることによって、地域の持続的発展に繋げていけると考えます。 「One Team」には、「一つになって」、「一体となって」という意味が込められております。一人で考え行動するよりも、チームで知恵を出し合い行動することによって大きな成果が期待できます。

 

今一度、青森YEGで本気で活動してみませんか?

全国に32,000名を超える会員が在籍するYEGという組織を活用してみませんか?

平成29-30年度会長としてYEGの可能性を追求し、会員企業の発展、青少年の育成、そして地域社会への貢献を重点に活動する所存です。

心をひとつに 次世代への架け橋となりましょう。

 

平成29-30年度 青森YEGテーマ

  1. 自企業の発展と持続性
  2. 子供の将来性
  3. 三内丸山を含む地域の発展